1. 安定化したpHで、消臭・除菌効果の高い「ジアムーバー酸化水」

    ジアムーバー酸化水とは

  2. ジアムーバー酸化水は なぜ菌やウイルスを退治できる?

    なぜ除菌・消臭できるのか?

  3. ジアムーバー酸化水の用途

  4. ジアムーバー酸化水の使い方

  5. ジアムーバー酸化水を生成する独自方式と製造機器

  6. ジアムーバー酸化水【商品一覧・価格】

  1. 最高級の5つ星ホテルが厳選した安心安全な除菌対策

  2. 衛生環境の向上を目指し、作業の妨げになる不快臭を一掃

  3. 全客室や通路などにジアムーバー酸化水噴霧器を設置

  4. 酒・料理の風味を損ねるタバコ不快臭や有害菌・ウイルスを撃退

  5. 子どもたちが利用する公共施設も、安全性が高い除菌水で徹底的に抗菌・除菌対策

  6. 学校内の抗菌対策「二度拭き不要」で先生の労働時間減少に貢献

  7. 主な導入企業様一覧

安全で効果が高い次亜塩素酸水を選ぶためには、どんなことに気を付けたらよいですか?

2020年6月、厚生労働省・経済産業省・消費者庁は、「次亜塩素酸水を購入・使用するときのポイント」として「使用方法、有効成分(有効塩素濃度)、酸性度(pH)、使用期限の表示があることを確認しましょう」と記載しています(「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項、厚生労働省・経済産業省・消費者庁)。

次亜塩素酸水はpH5から6程度の弱酸性次亜塩素酸水が、最も除菌作用が高いとされています。また、弱酸性次亜塩素酸水、人体への影響が少ないのも特長のひとつです。ジアムーバー酸化水はpH6.5前後の弱酸性であり、安全かつ高い除菌効果が期待できます。

また、次亜塩素酸水は、紫外線などの影響で変質しやすい除菌水です。なるべく製造日を確認し、開封後は使用期限前であっても早めに使い切るようにしてください。ジアムーバー酸化水の場合は、製造から6カ月以内を使用期限としています。

この他、安全性データシートなどの製品情報を公開し、製品に対する有効性や安全性が明らかな企業の製品を選ぶことも大切です。一部では、弱酸性と標榜しているものpHコントロールがあいまいな製品や、製造から日数が経っており抗菌・抗ウイルス効果がほとんどないものもみられます。製品情報を開示している企業は、製品の品質と安全性に自信がある証でもあるので、これらの情報を参考にするとよいでしょう。

  • コメント: 0

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし
月を選択してください